OMOIDE IN MY HEAD

「ふつうの人の、ある一年」って、なかなかのものだぞ。by糸井重里

タイ旅行3日目

あっという間に次の旅がやってきそうなので、タイ旅行の記録をそろそろ終わらせたいところ。


2017.2.22 AM11:27

今日はレジデンスの120Bのモーニングを食べてワットポーとカオサンに行くことに。

行き方がわからないのでとりあえず駅で聞いたら駅員の女の人とチュラ大の男の子が47か507のバスに乗ればいいと教えてくれた。


47番のバスが来たので乗車。すぐに動き出す。
運転手さんに「ワットポーに行く?」と聞くと、なんと、行かないらしい。
「同じ47番でも違う種類のバスじゃないと行かない」というようなことを言っている...

私がどうしようか困っていると、「この娘がワットポーに行きたいんだって!」と運転手さんが乗客に説明。バスに乗っているみんなが行き方を考えてくれた。


「◯個先のバス停で降りて、違うのに乗り換えるのよ!」

とおばちゃんが一生懸命説明してくれる。

何度も「ドゥーユーアンダースタンド!?」と笑いながら心配してくれるおばちゃん。

「メイビー・・・」と頼りなく笑い返す私。トホホ。

 

そのバス停についたらしく、「ここだよ!」と言われ慌てて降りる。バスのみんなからは「グッドラック!」の声。お礼を言いながら手を振ってバスを見送る。

さて、ここでバスを待てばいいのかな?どうなんだ?と考えていると、同じバス停で降りたおじいさんが何やら話かけてくれる。けどよく聞き取れない。
とりあえず「47番に乗ればいいんだよね!へへ!」と返事をする。

バスを待ってた別のおじさんが「どこに行きたいんだ?」と言うので「ワットポー」と答えると、「ワットポーは47じゃなくて48だ!」と教えてくれる。あれ?


48番のバスが先に来てしまったので乗ろうとすると、さっきのおじいさんが「No!」と止めてくれる。次に来た47番のバスを指差して、「これだ!」と共に乗車する。
私がワットポー付近で降りたいことを運転手さんに伝えてくれる。

 

この日記を書いていてもなかなか着かないから、「もしかして過ぎたのかな」と不安になり後ろを振り向く。おじいさんと目が合い、深く頷き合う。どうやらまだ乗っていて大丈夫なようだ。ああ、心強い。


「ここだよ!降りな!」と運転手さんに言われ慌てて立ち上がると、さっきのおじいさんが何やら紙を手渡してきた。「困ったら連絡しなさい」と番号を書いた紙をくれたのだった。

どこまで優しいんだろう...。

バスを降りてからも方向を人に尋ねつつ、無事ワットポーに辿り着けた。

f:id:iku199156:20170617015054j:plain

足の裏まで豪華絢爛。

f:id:iku199156:20170617015111j:plain壁も全面絵が描いてあるこだわりっぷり。

f:id:iku199156:20170617015102j:plain

f:id:iku199156:20170617015046j:plain

 

そのあとはカオサンまで歩いて(タクシー乗った方がいい)水上マーケットのツアーを調査。

昼のカオサンロード

f:id:iku199156:20170617015127j:plain

そのあとはカオサンを離れ、学校帰りのプロイと合流して、有名人も食べに来るというタイラーメンの美味しいお店に連れて行ってもらった。

f:id:iku199156:20170617015143j:plain

そしてプロイオススメのAfter you cafeで2人で一つの美味しいかき氷を食べながら恋バナ。

f:id:iku199156:20170617015150j:plain

まさかタイに来て、カフェで夜な夜な恋バナできると思ってなかった。

気分はまるでタイの女子大生。

観光より日常に触れられた方が旅は楽しい。

「親友だからね秘密だよ」って、色々話してくれて可愛かったなぁ。


自分が何も知らなくて英語も喋れないのは不便で、遠回りをして時間や労力が余計にかかったりする。でも、その分助けてもらって人の優しさに触れる機会がたくさんある。

タイは本当に微笑みの国だと実感することができる。

タイ旅行はあと2日。

 

4日目に続く。