OMOIDE IN MY HEAD

「ふつうの人の、ある一年」って、なかなかのものだぞ。by糸井重里

タイ旅行2日目

2017.2.22(水)AM0:14

--------------------------

iSANOOK HOSTEL(2Fのキッチン)にて日記を書く。

同じ空間で白人3人がご飯を食べてる。

キャンディーをくれた。

英語ができれば何話してるのかわかるのになぁ。

 

今日もすごく良い1日だった。

NAT2にプロイがパパの運転で迎えに来てくれた。

お洒落なお店でタイ料理を食べてボートで移動。

ボートは40バーツでタイの生活を川から見れて楽しい。

昔ながらのアジアの雰囲気もあれば、東京に負けないビル群もある。

 

iSANOOKに荷物を置いて(カラフルでキレイで素晴らしい。NAT2との差が...笑)

プロイの大学へ。(チュラーロンコーン大学=日本でいう東大)

プロイの文学部はタイのプリンセスも卒業していても最も歴史があるらしい。

卒業式では王様が1万人に卒業証書を渡すらしい。大変だ。

食堂でバタフライピージュースを飲んでカノンブアンというタイのお菓子を食べた。美味しかった。

 

そのあと私の希望のトゥクトゥクに乗った。大学から10分くらいで130バーツ。

スリルがあって楽しかった。タイの女の子は暑いし風で化粧が崩れるしであまり乗らないらしい。現地の話は面白い。カオサンも東京の歌舞伎町みたいなところだから好んで行かないらしい。そこに一人で女の子が泊まることにパパも驚いてたって。しかもカオサンはバンコクの中心部じゃないらしい。

ここからが面白いのにこの日の日記はここで止まっているので補足。

 

トゥクトゥクで向かった先はプロイオススメのブラインドマッサージ。

盲目の人がマッサージをしてくれる。すごく気持ちいい。

階段に書いてある文章が深い。

f:id:iku199156:20170426002013j:plain

ー目が見えないことは悲しいけれど、見える目で何も見ないことはもっと悲しい。ー

 

 

お洒落なカフェで一息ついて、プロイはパソコンで資料作成。

「これから日本語を英語で教えるレッスン(教える側)がうちのマンションの図書室であるから今日はもう遊べないんだ...でもマンションからの景色がキレイだから寄っていく?」

 

からの、、、

 

 

f:id:iku199156:20170426001954j:plain

 

!?!?!?!?

 

景色がキレイだからどころじゃない。笑

 

タイの都心部が一望できて、屋上にプールと温泉とサウナとジムが。

 

「週に一回はここで泳いでスッキリしてるの。もし時間が合えば日本に帰る前に一緒に泳ごう!」

 

一人で海外に来てこんな予想外の展開があると、旅の面白さを感じてしまう。

 

日が暮れてきて夕焼けの心地よいセンチメンタルに包まれる。

ああ私はタイにいるのか。タイって想像していたよりずっと都会なんだなぁ。

f:id:iku199156:20170426002022j:plain

 

ちなみに共有で使える図書館はこんな感じ↓f:id:iku199156:20170426001931j:plain

f:id:iku199156:20170426001936j:plain

旅行したからといって普通はなかなか覗けないタイの一部分。

プロイ家族はここに住んでるわけじゃなくて部屋を持ってて日本人に貸しているらしい。日本人は他の国の人より断然キレイに使ってくれると言っていた。

家賃13万円。東京で高い家賃払うなら、タイに家を持ちたい。笑

 

プロイと別れ一人でターミナル21という大きなデパートに。

今回の旅はリュック(バックパックと言ってみたい...)が小さくてお土産が入らないので買い物する気は全然なかったけれど、館内のデザインが面白いし、フードコートのタイ料理が安くて美味しいし、食品売り場でテンション上がってなんだかんだ閉店ギリギリに。受付でWi-Fiパスを発行してもらえるのも旅人の強い味方。

 

チュラーロンコーン大学文学部

f:id:iku199156:20170426001916j:plain

カノンブアンとバタフライピージュース 甘くて美味しい。赤いのは海老のすり身。

f:id:iku199156:20170426001921j:plain

トゥクトゥク 背中には「Real Ride」の文字が燃えている。

f:id:iku199156:20170426001926j:plain

3泊お世話になったゲストハウスのロビー

f:id:iku199156:20170426002042j:plain

可愛いシャワールーム

f:id:iku199156:20170426002001j:plain

ゲストハウス入り口で夜な夜な飲んでいる人々。

f:id:iku199156:20170426002032j:plain

私は一人でシンハーを飲みながら2Fのキッチンから外の様子を眺めつつ日記を書く。

アジアの夜にゆーみんの「真夏の夜の夢」を聴くことが夢だったけれど、実際にタイに来てみたら聴きたくなるのはジャックジョンソンだった。燃え上がるのではなく、穏やかにリラックスして夜の空気を愉しむ感じ。そういう旅だったんだと思う。

きっと違ったタイもいっぱいある。この世は知らないことだらけ。


Jack Johnson - Better Together (Live In Paris)

 

3日目に続く。